リード基板
リード基板

LED PCB製造およびPCBAサービス

カスタムサービス| LEDのアルミニウムPCB|適用範囲が広いLEDのストリップPCB| Assembly+Fabrication

照明技術の急速な進歩は、照明の分野に大きな変革をもたらした。様々な選択肢がある中で 発光ダイオード (LED)は、その優れたエネルギー効率、耐久性、汎用性により、絶大な人気を博している。すべての高効率LED照明の中核をなす重要な部品は、LEDプリント回路基板(PCB)です。FSテクノロジーは、LEDプリント基板の重要な役割を認識しています。 LED PCB を設立し、世界中の著名なLED照明技術者と長期的な協力関係を築いてきました。当社の主な目的は、包括的な製造・組立サービスを通じて、お客様の進化と発展をサポートし、促進することです。

ベストLEDプリント基板メーカー-FSテック

FSテクノロジーは設立当初から、次のことに重点を置いてきた。 家電 とLED業界を事業の中核としています。事業が拡大するにつれて、私たちは産業とモノのインターネット分野への進出を成功させました。ローエンドPCB、ハイエンドPCBを問わず、プロフェッショナリズムへのこだわりは揺るぎません。この専門知識を活かして、当社は中国深センのLED PCB/PCBAメーカーとしての地位を確立しました。当社の競争力は、最高品質の製造サービスを提供し、効率とスピードの両方を確保する能力にあります。

PCB はストリップを導きました

サービス能力

  • LEDベアボード製造+組立サービス
  • LED部品の需要に効率的に対応
  • ラピッドプロトタイピング+迅速なサービス
  • デザイン・アシスタンス+エンハンスメントのサポート
  • 包括的な試験方法(AOI、FAI、FPT、機能試験など)。

製造能力

  • 工場の直接所有、ブローカーの排除
  • 需要に対応する豊富な生産能力
  • MOQ要件なし
  • 業界で最も競争力のある価格
  • 医療、自動車、その他の分野でのアプリケーションのための業界認定認証
  • アルミベースLED、フレキシブルLED、SMDマウントLEDなど
ラウンドLEDライトPCB

サンプル表示

ベアボードからLED PCBAへ

健全な生産プロセスは、プロジェクト全体の品質において重要な役割を果たす。方法論、技術、品質管理措置など、メーカーの生産プロセスを理解することで、利害関係者はメーカーの能力を評価し、十分な情報に基づいた意思決定を行うことができる。

LED PCBA製造フローチャート

デザインとレイアウト

設計段階では、包括的な回路図を作成し、PCB上の部品を戦略的に配置します。洗練されたソフトウェアツールを活用し、LED、抵抗、コンデンサ、その他の電子素子の配置を最適化します。これらのファイルが作成されると、FS Techを含む経験豊富な製造チームに送られ、徹底的なレビューが行われます。当社のチームは設計を真摯に評価し、修正のための貴重な提案を行うこともあります。

素材の選択

熱伝導性、誘電強度、機械的耐久性などの要素に基づいて適切な材料を選択することは、LED PCB基板の品質を高めるために非常に重要です。照明業界では、FR-4、メタルコア材料、フレキシブル材料など、さまざまな基板材料を採用するのが一般的です。

  • FR-4(難燃4号): 広く利用され、費用効果が大きい、FR-4は普及したLED PCBの基板材料である。それはよい電気絶縁材および機械強さを提供するガラス繊維補強されたエポキシ樹脂の積層物から成っている。 FR-4 PCB は、低~中電力LEDを必要とするコスト効率の高いアプリケーションに適しています。
  • メタルコアPCB(MCPCB): 高出力LEDアプリケーションでは、放熱が大きな課題となる。適切な放熱を行わずに長時間使用すると、回路の故障につながる可能性があります。 エムシーピーシービーこの問題に対処するために、アルミニウム、銅、鉄などの金属材料を組み込んだものが使用されている。これらの選択肢の中で アルミニウム基板 は、その有利な価格性能比により、しばしば好まれている。MCPCBは、効率的な熱管理を必要とするが、ハイパワーアプリケーションのように過度に高いレベルの熱を発生させない、中電力LEDアプリケーションに適している。
  • セラミック基板: その優れた熱伝導性と絶縁特性により、高温に対応し、高出力と高効率を必要とするLED用途に優れた熱管理を提供することができる。LED照明の分野で セラミックPCB は、自動車用ヘッドライトや産業用途の高出力LEDに一般的に使用されている。
  • 柔軟な基板: ポリイミド(PI)やポリエステル(PET)などの素材で作られた折り曲げ可能な回路基板は、次のように呼ばれている。 フレキシブルPCBLED ライト PCB 板のためのまたよい選択である。フレキシブルLED PCBは、PCBを曲げたり、ねじったり、成形することで、ユニークなフォームファクターや柔軟性を必要とするアプリケーションに適合させることができます。これらは、ウェアラブル機器、曲面ディスプレイ、スペースに制約のある環境でのアプリケーションを見つける。

ベアボード製造

FSテクノロジーでは、製造工程はLED PCB基板材料の生産から始まります。必要な基板材料、銅クラッドフィルム材料、その他の部品を入念に準備し、品質と設計仕様への準拠を保証します。

次に、選択した基材の前処理を行います。汚れや不純物を取り除くための徹底的な洗浄を行い、その後、保護層を塗布します。

その後、顧客の要求に応じて、化学的または機械的な方法を採用し、基板を選択的に銅膜の層で覆います。この工程により、ワイヤーや回路パターンの形成が可能になります。その後、回路パターンをフォトレジストまたは同様の材料を用いて銅膜上に転写します。露光・現像工程を経て、未露光の感光性接着剤層を除去することにより、所望の回路パターンが得られる。

回路パターンの視認性と透明性を高めるため、化学溶液を使用して保護されていない銅膜をエッチング除去し、正確な回路パターンを残します。さらに、導電性と耐食性を向上させるため、金メッキ処理を施します。

リジッド回路にはソルダーマスク、フレキシブル回路にはカバー層などの保護層を施し、回路のシールドと絶縁を行います。さらに、その後の部品のはんだ付けを容易にするために、指定されたはんだ付け領域にスプレーまたは浸漬によって錫の層を塗布します。

最後に、私たちの厳格なテスト手順は、完全性、品質、および設計要件の遵守を保証するために実施されます。 プリント基板製造.

ライトPCBアセンブリ

組立段階では、設計図面に従ってLEDチップやその他の電子部品をPCBに正確に配置します。スルーホール部品は通常、自動挿入機または手動挿入のいずれかを使用して挿入され、表面実装デバイス(SMD)部品は専用の表面実装技術(SMT)配置機を使用して配置されます。

プロトタイピングでは、多くのメーカーが手動挿入を選択する。 PCBアセンブリ.自動機はプログラム編集やその他のセットアップ手順を必要とするため、効率に若干の影響を与える可能性があるからである。しかし、大規模なバッチ注文の場合、生産性を最大化し、組立工程全体を通じて一貫した品質を確保するために、自動機を採用するのが一般的である。

ハンダ付け

LEDライトPCB上のコンポーネントは、コンポーネントのタイプとアセンブリプロセスに応じて、リフローはんだ付けまたはウェーブはんだ付け技術のいずれかを使用して恒久的にはんだ付けされます。リフローはんだ付けでは、基板を加熱してはんだペーストを溶かし、その後固めて確実な接続を確立します。同様に、ウェーブはんだ付けは、はんだ付けを達成するために溶融はんだの連続波を利用します。

はんだ付け工程が完了すると、PCBA基板の生産は終了する。組み立てられた基板の品質を保証するため、性能と機能を検証する機能テストが実施されます。これらのテストにより、PCBAが要求仕様を満たし、品質基準を遵守していることが検証されます。

照明システムの新たな可能性を開く

LEDはさまざまな産業で多様な用途があり、それぞれに異なる要件がある。例えば、単層PCBはエネルギー効率を高めるために一般的に住宅で使用されている。一方、デジタルサイネージや車載照明では、動作効率を最適化するために2層PCBが好まれる。スマートホームのような、より高度な分野では、 多層PCB は、優れた回路インテグリティを確保し、高度なLED照明システムの複雑な要求に対応するために採用されています。LEDシステムにPCB技術を取り入れることは、照明業界における顕著なトレンドとして浮上しており、多くの可能性を引き出し、革新的な照明ソリューションを促進します。

LED PCBアセンブリの主な考慮事項

  • 熱管理: LEDライトは動作中に大きな熱を発生するため、PCBAボードへの熱蓄積やシステム障害の可能性を防ぐには、設計段階で慎重な熱管理が重要です。これには、ヒートシンクや冷却孔を組み込み、優れた放熱特性を持つ基板材料を利用することが含まれる。
  • コンポーネントの統合: 照明システムの進歩に伴い、設計者は限られたスペース内でコンポーネントを最大限に統合するという課題に直面しています。FSテクノロジーは 高密度相互接続 (HDI)技術により、性能を犠牲にすることなく、より高い回路密度を実現する。 HDI PCB コンポーネントの統合が進み、より高度な照明機能を実現できる。
  • レイアウトとスペーシングの最適化: PCB上の部品の配置は、シグナルインテグリティ、組み立ての容易さ、効率的なスペース利用を確保するために、細心の注意を払って最適化されるべきである。電圧調整、制御された線幅と銅の厚みを含む効果的な電源管理は、確立された以下のように考慮されるべきである。 PCB設計ガイドライン.
  • 環境への配慮: 組み立てられた光プリント基板は、湿気やほこり、温度変化など様々な環境条件にさらされる。厳しい環境下でのPCBの耐久性と信頼性を高めるために、保護コーティングや適切なシーリング機構を設計に考慮する必要があります。

LED PCBの今後の発展動向

  • 小型化とマイクロLED: LED用プリント基板は、マイクロLED技術の採用によって小型化の傾向にある。これは、ディスプレイの個々のピクセルとして機能する極小の発光ダイオードである。より大きなLEDモジュールを利用する従来のLEDディスプレイとは異なり、マイクロLEDのサイズは10~100ミクロンと大幅に小さい。その小さなサイズにもかかわらず、マイクロLEDは同種のものと比べてより高い解像度と改善されたエネルギー効率を提供する。
  • HDIテクノロジー: 高密度相互接続は、PCB上の回路の高密度化および配線の微細化に重要な役割を果たしています。この進歩により、複雑な回路をコンパクトな照明アプリケーションに統合できる、より小型で強力なLED PCBAボードの作成が可能になります。
  • フレキシブルPCB: LEDストリップ、フレキシブル・ディスプレイなど、フォーム・ファクターと汎用性が最も重要な場面で応用されている。フレキシブルPCBを組み込むことで、LEDは曲げたり不規則な表面に適応したりする能力を獲得し、潜在的な応用範囲を拡大する。
  • 集積回路(IC)の統合: デザイン LEDボードPCB 集積回路として、調光、カラーコントロール、ワイヤレス接続などの追加機能を組み込むことができます。この統合により、システム設計が合理化され、全体的なユーザー体験が向上します。
  • スマートコネクテッド照明: ライトPCBは、スマート照明システムの開発において極めて重要な役割を果たします。モノのインターネット(IoT)技術、ワイヤレス接続、高度な制御システムとの統合により、パーソナライズされた照明体験とエネルギー消費の最適化が可能になります。

RGBは、PCB基板を導いた

RGB LED回路基板は、LED照明システムに使用される特殊なタイプで、1つのパッケージ内に3つの異なるLEDチップが組み込まれている。これらのチップは、赤、緑、青の3原色の発光に特化している。それぞれのチップを流れる電流を独立に制御することで、RGB LEDは幅広い色を作り出すことができる。適切な動作を保証し、過度の電流が流れるのを防ぐため、電流制限抵抗器が一般的に採用されている。これらの抵抗器は、特定のLED構成に応じて、各LEDチップに戦略的に直列に配置されるか、複数のLEDで共有されます。

RGBライトを操作するには、制御信号が利用される。これらの信号は外部ソースまたはシステムコントローラから発信され、さまざまな照明パラメータの指示を提供します。これらの指示には、色の選択、特定の色合いを実現するための混色、輝度レベルの調整、動的な照明パターンの作成などが含まれます。制御信号を調整することで、ユーザーは所望の照明効果を実現し、好みや特定のアプリケーション要件に合わせてRGB LEDの出力をカスタマイズすることができます。

結論

現代のLED照明技術に不可欠な基盤として、電気的および機械的なサポートを提供することにより、効率的で信頼性の高い照明を保証します。これらのプリント回路基板は、照明アプリケーションにおいて極めて重要な役割を果たしており、製造プロセス、設計上の考慮事項、将来のトレンドなどの重要な側面を網羅しています。将来に向けて、LEDプリント基板は絶え間ない進化を遂げ、フォームファクターの小型化、熱管理の改善、機能の拡張を実現するでしょう。その汎用性とエネルギー効率により、このPCBは一般照明、車載照明、ディスプレイ、サイネージ、民生用電子機器など、さまざまな用途で好まれています。

まとめると、LED回路基板はLED照明システムの進歩に不可欠なものである。綿密な設計、卓越した製造技術、シームレスな統合により、最適な性能、エネルギー効率、長期にわたる耐久性を実現します。技術の進歩が進むにつれ、LED回路基板はさらに進化し、照明設計とスマート照明ソリューションの可能性を広げていくことでしょう。

LEDライトPCBボードよくある質問

LED PCBとは?

LED PCB(LEDプリント基板)は、LEDを電気的および機械的にサポートするために特別に設計されています。LEDを接続・実装するためのプラットフォームとして機能し、効率的な電気的・熱的管理を促進します。LED PCBは、照明アプリケーション特有の要求を満たすように綿密に設計されており、最適な性能と信頼性を保証します。

LEDプリント基板は照明用途に必要か?

そう、照明システムの性能、寿命、エネルギー効率、費用対効果、汎用性の向上に役立つのだ。

FSテクノロジーはLEDプリント基板製造サービスを提供していますか?

はい、FSテクノロジーは以下のような様々な業界にPCB製造・組立サービスを提供しています。 メディカル自動車、家電、軍事、航空宇宙産業など。これらの用途に比べ、LEDシステム用PCBは製造が容易である。

LED PCBボードの価格は高いですか?

メーカーによって価格は異なる。一般的に言って、オンラインで見積もりを出すメーカーの方が価格面で有利です。大手として PCBA会社 中国では、FS TechnologyはターンキーPCBAプロジェクトに重点を置いているため、価格に優位性はないようです。当時は、より良いプロジェクトを完成させるために、価格に見合ったサービスを提供しました。

ぜひ、ご意見をお聞かせください