BOMファイル作成ガイドライン

部品表(BOM)は、エンジニアリング、建設、エレクトロニクス、製造など、さまざまな業界に存在する包括的なインベントリーである。BOMの意義は、プロジェクトのコスト、調達、組立工程に関する詳細なデータを提供することにあります。プロジェクト内では、1枚のPCBAボードが数十から数百のコンポーネントを含むことがあり、BOM文書には、数量、識別、パッケージングなど、各コンポーネントの重要な情報が記録されます。要するに、このインベントリには、PCBAの製造に必要なすべてのコンポーネントの詳細情報が集約されており、アセンブリプロセス全体の精度を保証します。

目次

11 BOMファイルの主な要素

  • コンポーネントのパラメータ: これには、抵抗、静電容量、定格電圧などの重要な電気的または機械的属性が含まれ、各アイテムの正確な機能を定義する。
  • 部品番号 部品は部品番号で一意に識別され、シームレスな在庫追跡と管理が容易になります。
  • ファイルレベル: BOMファイルには、トップレベル、サブアセンブリ、コンポーネントレベルなど、さまざまなレベルがあります。これらの階層関係は、部品のつながりを理解するのに役立ちます。
  • 数量: PCBAプロジェクトで使用される総数を含む部品数量の正確な記録は、コスト評価とプロジェクトの収益性を助けます。
  • 配置方法: 表面実装部品のピックアンドプレイスまたは手はんだ付けにかかわらず、配置技術を示すことで、正確で精度の高い実装が可能になります。
  • 参照指定子: コンポーネントには、識別のために個別のラベルまたはコードが割り当てられています。リファレンス・デジグネータは、PCBA上に存在するコンポーネントとBOMにあるコンポーネントの詳細を相互参照するために使用されます。
  • パーツリンク コンポーネントをサプライヤーのデータベースにリンクすることで、最新の価格、データシート、在庫情報を提供し、調達を合理化します。
  • パッケージタイプ: コンポーネントには、次のような多様なパッケージング・オプションがある。 QFN, ディップおよび表面実装。正確な組み立てには、正確なパッケージの種類を知ることが不可欠です。
  • 調達タイプ これは、調達方法(標準サプライヤー、社内在庫、指定ベンダー)を明確にするもので、リードタイムの詳細が含まれる場合もある。
  • 代替部品番号 部品が古くなったり、供給上の問題に直面したりする可能性があるため、代替部品番号によって、プロジェクト全体を再設計することなく、迅速な交換が可能になる。
  • フットプリント フットプリントは、基板上の物理的な寸法とコンポーネントのレイアウトを網羅し、他のコンポーネントとの正確なコンフィギュレーションを保証する。

BOMを作成する前の主な検討事項

プロジェクト詳細

部品表を組み立てる前に、2つの重要な要素に注意を払う必要がある。これらの要因は、部品表の性質を著しく変化させ、単純なアセンブリから多様なコンポーネントやサブアセンブリを含むコンピレーションへと移行させる可能性がある。

  • プロジェクトの複雑さ: 手元のプロジェクトの複雑さを評価する。これは、単純なアセンブリから、多面的なコンポーネントやサブアセンブリを含むベンチャーに及ぶ可能性があります。この複雑さがBOMの構成と深さを形成し、コンポーネントをリストアップする粒度に影響する。
  • 製品ライフサイクルの段階: 製品のライフサイクルにおけるステージを明確にする。新製品開発、既存製品の強化、または確立されたアイテムの大量生産に向けたものであれ、各ステージでは明確な考慮が必要です。BOMの作成に関連する目標と許可は、これらのステージに基づいて大きく異なる可能性があります。

BOMの管理

  • 構造: PCBAの構成を概説することから始める。階層構造を確立し、BOMの一貫した論理構造を考案する。この構造は、部品間の相互関係を理解するのに役立ちます。
  • ソフトウェアの選択: より洗練されたツールを選択することで、部品表の作成とコンフィギュレーションが簡素化される。これにより、プロセスが合理化されるだけでなく、バージョン管理も確実になり、チームメンバー間の明瞭性が促進される。
  • データの完全性: これには、データの品質を維持するためのプロセスを導入することが含まれる。正確な情報を維持するためには、一貫した更新と定期的な見直しが不可欠である。
  • バージョン管理: 強力なバージョン管理を実施し、BOMの変更と改訂を記録し、プロジェクトの進捗のトレーサビリティと監査証跡を確保する。
  • コラボレーションの枠組み 調達、エンジニアリング、製造など、異なるチーム間のコラボレーション・ダイナミクスを詳述する効果的なコミュニケーション・チャネルと正確なアクセス許可を確立し、シームレスなチームワークと共有BOMアクセスを確保する。

BOMレコードのユーザー

  • エンジニアリング 設計プロセスでは、エンジニアはBOMを頼りに、製品要件への準拠を確認しながら、必要なコンポーネントをすべて含めるようにします。
  • 調達: 調達業務はBOMを中心に展開され、見積の募集を容易にする、 部品調達そして効率的な在庫管理。
  • 製造: 生産工程では、BOMがPCBアセンブリ作業の指針となる。BOMは、組立工程を明確にし、作業の順序を概説し、最適な配置技術を指定します。
  • 品質管理です: 品質管理エンジニアは、BOMを利用して、組み立てられた製品が設計仕様に適合していることを検証します。さらに、プロジェクトのコンポーネント間の正確な相互接続を保証します。
  • コストの見積もり: BOMは、価格設定やコスト見積もりのために不可欠なものである。BOMは、人件費や材料などの要素を包含することで、製造予算全体の決定に貢献します。
  • メンテナンスと修理 部品表の価値は生産だけにとどまらず、修理やメンテナンスのような生産後の作業にも大いに役立つ。不良部品を正確に特定し、交換するのに役立ちます。

部品表の作成方法

フロー説明

  1. 包括的な理解: BOMファイルの作成に着手する前に、プロジェクトの設計上の特徴、機能、構成について深く理解してください。
  2. コンポーネントのコンパイル: PCBAプロジェクトに必要な部品を計画的にまとめ、整理する。リストには、部品名/説明、部品番号、部品価値、パッケージタイプ、数量、参照番号などの詳細な仕様を記載します。
  3. 組み立て説明書: 部品をどのように配置し、はんだ付けするかについて明確なガイダンスを提供することで、設計の明瞭性を高める。 PCB組立工程.
  4. サプライヤーの洞察 ターンキー・プロジェクトでは、部品ごとにサプライヤーを指定する。コミュニケーションを円滑にするため、電子メールアドレスや電話番号などの連絡先情報を含めるのが理想的です。
  5. パーツリンク サプライヤーのデータベースやウェブサイトへのリンクを組み込み、同僚のエンジニアが各コンポーネントの関連情報にアクセスできるようにする。
  6. バージョン管理: BOMファイルの修正と改訂を追跡するために、バージョン管理システムを採用する。これにより、現場の担当者が最新の情報にアクセスできるようになる。
  7. 検証: BOMの最終版を徹底的に検証し、製品設計との整合性を確認する。特に数量と組み立てに必要なものに注意を払い、不具合とコスト上昇を回避する。
  8. アクセスの明瞭さ: エンジニアや他の設計者、製造者など、どのチームが協力し、BOMにアクセスできるかを明確にすることで、コラボレーションを促進する。
  9. 配給: BOM文書を適切にフォーマットし、関連チームに配布する。すべての利害関係者がBOMに自由にアクセスできることを保証する。
  10. 定期的なアップデート ユーザビリティを高めるダイナミックなファイルを育成する。定期的に更新するプロセスを導入することで、BOMプロセスの寿命と有効性が高まります。

最適化ガイド

  • デザイン・ドリブン: 設計の複雑さの違いによる乖離があるため、プロジェクトの複雑さ、意図する用途、チームの特定のニーズを考慮し、最も適切な方法を測定する。
  • テンプレートを活用する: BOMテンプレートまたはこの目的に合わせた専用ソフトを使用する。テンプレートは、あらかじめ定義されたカテゴリーとヘッダーを持つ構造化されたフォーマットを提供し、データの正確な入力と配置を簡素化する。このレイアウトの一貫性により、更新が容易になり、さまざまなBOMの統一性が確保される。
  • 徹底したクロスチェック: すべての明細をダブルチェックし、正確で綿密な管理を徹底する。エラーを回避するために、部品番号、数量、詳細を入念に精査すること。BOMが1つ不正確であったとしても、高価な製造の後退や生産の遅れを引き起こす可能性があります。
  • 編集権限を制限する: BOMに対する不正な修正を最小限に抑える。リビジョンのバージョン管理の仕組みを導入し、データの編集を知識のある担当者だけに制限する。
  • 命名規則を確立する: コンポーネントとサブアセンブリの一貫した命名規則を採用する。この習慣は、広範なBOMファイルを扱う際の明瞭性を高め、検索を簡素化します。
  • 組立説明書の明確さ: 複雑な製品については、明確な組み立てガイドラインを提供する。このような理解しやすい指示は、組み立てミスの可能性を減らし、故障のないプロセスを向上させます。

BOM構造の種類

シングルレベルBOM

シングルレベルBOMは、インデントBOMとも呼ばれ、サブアセンブリ内のサブコンポーネントを掘り下げることなく、トップレベルでのみコンポーネントの概要を示します。このタイプのBOMファイルは、サブアセンブリの構造やサブアセンブリ内の個々のコンポーネントの配置の詳細を明らかにすることを控えます。主な用途は、製品構造のハイレベルな概要を提供することにある。主な用途は以下の通りです:

  • 製品コストの見積もり: シングルレベル部品表は、トップレベルのコンポーネントに基づいて製品コストを測定するために非常に貴重です。そのため、正確なコスト見積もりには欠かせないツールとなっている。
  • ハイレベルのプランニング ハイレベルな生産とスケジューリングに理想的なシングルレベル部品表は、サブコンポーネントの詳細が不可欠でないシナリオで威力を発揮します。
  • 予備設計: 製品設計の初期段階では、全体的な構造と機能に主眼が置かれるため、シングルレベル部品表は実用的なソリューションとして機能する。

マルチレベルBOM

マルチレベルBOMは、インデントBOMまたは分解BOMとも呼ばれ、製品構造全体を複雑に描き出します。これには、サブアセンブリ、サブコンポーネント、およびそれらの相互関係が含まれます。このようなBOMは、製品のアーキテクチャを網羅的かつ詳細に描写し、コンポーネントの相互接続を綿密に強調します。

  • 徹底した製造業の洞察: マルチレベルBOMは、生産と組立においてその真価を発揮します。マルチレベル部品表は、コンポーネント、サブアセンブリ、およびファスナーの正確な構成を綿密に概説し、製造のための決定的なガイドとして機能します。
  • 調達と在庫管理: 調達エンジニアは、マルチレベル部品表から大きな恩恵を受けます。これらのBOMは、すべてのコンポーネントの包括的なリストを提供し、材料調達を合理化し、綿密な在庫管理を保証します。
  • 品質管理の強化: 品質管理手順は、マルチレベルBOMによって容易になり、検査のための明確な基準を提供し、組み立てられた製品を設計の特徴と一致させることができます。
  • サービスとメンテナンス これらの部品表は、サービスやメンテナンス作業において非常に貴重なものです。この部品表には、製品の構造が詳細に記載されているため、不具合のある部品の特定や交換が容易になります。

MBOM対EBOM対cBOM

 MBOM (製造BOM)EBOM(エンジニアリングBOM)cBOM(コンフィギュラブルBOM)
定義製造・組立工程に必要な材料を含む。製品を構成するコンポーネントやサブアセンブリなどの設計およびエンジニアリング情報を含む。複数の製品バリエーションで利用可能
コンテンツ材料、部品、サブアセンブリ、加工など部品、アセンブリ、サブアセンブリ、設計データなど設定項目、プロパティ、オプションなど。
目的製造工程を最適化し、材料の入手可能性と正確性を確保するための、製造および組み立てに関するガイドライン技術革新と改善をサポートするために、製品の設計と技術仕様を定義する設計および技術ガイドライン。さまざまな製品バリエーションの構成と生産をサポート
ファイル詳細すべての材料や部品のように、その数量や仕様が詳細に記載されている。あまり詳細ではなく、コンポーネントとサブアセンブリに主眼を置く。ベースとなる製品の詳細は記載されているが、オプションや変更に関する詳細は少ない。
更新頻度生産前または生産中に確立され、プロジェクトの進行に応じて頻繁に更新される。製品設計と開発の初期段階では、アップデートの頻度はそれほど高くない。製品の在庫状況や市場の需要の変化に応じて更新

関連ブログ

セラミックQFN

セラミックQFN 腐食環境に対する耐性や高周波数に対する要求が求められる場面では、セラミックベースのQFN技術の導入が戦略的な選択肢として浮上します。参考

続きを読む "
BGAとQFNの比較

BGAとQFNの比較 エレクトロニクスの分野において、集積回路の正しいパッケージ形態を選択することは、エンジニアにとって重要な作業の一つである。この

続きを読む "

ぜひ、ご意見をお聞かせください