FSテックは、PCBフラックスの知識を一緒に学びます

概要はんだ付けに欠かせないフラックスですが、正しい選び方や使用時の注意点をご存知でしょうか?次のページ FSテック は、包括的なフラックス知識を理解するために、あなたと一緒に仕事をします。

PCBフラックスとは

Flux is the chemical cleaning agent that is used in PCBs before and during the soldering process on the circuit board. In the PCB assembly process, flux is used in manual and automatic soldering processes, that is, when the assembly company completes the ディップアッセンブリー and is ready to go into wave soldering to fix the solder paste. It is used to clean and remove any impurities and oxide present in the PCB board and make it prepare the metal surface for soldering. Furthermore, flux helps the soldering process by altering the surface tension of the molten solder during the soldering process to prevent reoxidation of the metal surfaces. 

フラックスは、基材と活性剤の組み合わせにより、金属の酸化物を除去し、はんだの濡れ性を向上させるものである。また、はんだ付けだけでなく、混合物の溶剤や添加物による腐食防止効果もあります。このような酸化物が基板に付着することで、はんだの接合状態が悪くなることがあります。はんだ付けが不十分な場合、回路の電気伝導や流れが悪くなります。

PCBフラックスには、固体、半固体、液体などさまざまな形状があり、ロジンフラックス、無洗浄フラックス、水溶性フラックスの3種類があります。

はんだ付け用フラックスの選定

はんだ付けの際に使用するフラックスの種類は、以下のような様々な要素を考慮して決定されます。

  • プリント基板の種類は、片面、両面、多層があります。
  • 部品の密度と種類
  • ハンダ付け工程
  • 金属のはんだ付け性 

用途に応じたフラックスの選択

ロジン系はんだ

ロジン系はんだは、電線の酸化を除去するのに最適なはんだと考えられています。腐食性のあるフラックスを使用すると、接続された電線が壊れやすくなり、回路が短絡してしまうため、最悪の判断となります。

パイプのはんだ付け時の酸性のフラックス

酸性フラックスを使用したはんだ付けは、より広い範囲の酸化を除去し、より強力な接合部を生成します。酸性フラックスや錫系フラックスは腐食性が強いので、腐食性の低いロジン系フラックスでは不十分なため、パイプを洗浄する作業を解決することができます。 

電子機器用鉛入りはんだ

壊れやすい電子部品の場合、鉛入りはんだは優れた選択です。融点が低いため、はんだ付けが容易です。ロジンなしのソリッドコアは酸化が早く、ロジン入りのものはフラックス塗布に役立ちます。

PCB Fluxの使用方法について教えてください。

PCBフラックスには、ペースト状のものと液状のものがあり、それぞれ小瓶/ブリキ缶、瓶/瓶の形で販売されています。薄型の電気製品には有機酸系フラックスが使用され、ソフトハンダには有機系フラックスが使用されます。ソルダーフラックスの使用方法には、以下のような手順があります。

  • はんだ付け用フラックスは,良質の溶剤で洗浄し,ほこりや汚れ,過度の酸化を除去した後に金属接点に塗布してください。
  • はんだ付け用フラックスを使用する前に,金属接点を良質の溶剤で洗浄し,ほこりや汚れ,過度の酸化を除去してください。
  • そして、実際にはんだ付けをする予定の面にフラックスを均一に塗布します。この段階で加熱しておく。
  • はんだ付けガンのこて先が熱くなったら、フラックスが塗られた金属の接点に当てます。フラックスが溶けて広がると、金属表面の酸化膜が剥がれ、酸化膜が除去されます。
  • フラックスが気化したらすぐにはんだ線を導入して溶かし、結合を確実に形成してから再び酸化させると効果的にはんだ付けができます。

フラックスの洗浄方法は?

フラックスは酸性であり、部品を腐食させ、プリント基板にダメージを与える可能性があります。フラックスの中には、使用後の洗浄がほとんど必要ないものもあります。フラックスペーストやソルダーフラックスの残渣は、プリント配線を阻害したり、他の部品を隠したりしないよう、通常除去されます。フラックスには水溶性のものと溶剤が必要なものがあります。PCBからフラックスを除去する方法としては、以下のようなものがあります。

イソプロピルアルコールの使用

イソプロピルアルコールを使用することで クリーンPCB.酸性のブラシは、アルコールに浸して優しく圧をかけると、はんだの接合部を壊さずに使用できます。 

フラックスクリーナーの使用

フラックスクリーナーは、スプレー式で使用することができます。その後、ブラシでフラックス残渣を洗浄することができます。サークリーンは、フラックスクリーナーの一つです。

ポリクレン使用

ポリクレンズは、PCBに付着したフラックスの洗浄にも使用することができます。組み立てた基板をポリクレンズ溶液に浸し、しばらく軽く攪拌します。その後、フラックスを除去した基板を蒸留水で洗い、最後にヒートガンで乾燥させます。 

お湯の利用

水溶性フラックスにはお湯を使用することができます。それ自体がアルカリ性である鹸化剤で処理を助けることができる。フラックスの洗浄が容易になり、お湯から解放されます。

PCBフラックス取り扱い注意事項

The development of PCBA is an iterative process as quality is the concern. The flux used in PCB is somehow toxic if inhale and swallow. It can be irritating to the respiratory system and can cause headaches and drowsiness. Thus, the flux should be handled and used properly taking suitable precautions. 

PCBフラックスを取り扱う際の注意事項を以下に示します。

  • フラックスを使って作業する前に、作業場所を十分に換気する必要があります。
  • 長時間または繰り返し接触する場合は、ネオプレン製の手袋の使用を推奨します。
  • 化学物質に対する眼の保護具を着用すること

より関連性の高いPCBAの知識。

プリント基板から部品をはがす方法は?

PCBAの最新ブログ

医療用PCB製造・組立

医療用PCB組立・製造 PCBAは、機械の進歩を可能にし、現在の私たちの世界になくてはならない存在となっています。でも

続きを読む "

SMD部品とは何ですか?

SMD部品とは プリント基板(PCB)の表面に直接部品を貼り付けたり、取り付けたりした電子機器を「SMD」といいます。

続きを読む "

リジッドフレックスPCBAとは

リジッドフレックスPCBAとは リジッドフレックス基板は、半剛体で半屈曲の回路構造なので、プロジェクトのコンポーネントを両部品で接続することができます。リジッドフレックス

続きを読む "